ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ

ビューティ

繰り返し染める白髪染めこそ、オーガニックで!オーガニックカラー “エッセンシティ”にアイリスとローズの新色登場

頭皮が敏感肌だと美容室選びも慎重になりますよね。繰り返し染める白髪染めを、できる限り自然由来成分に置き換え、しかもきちんと染まることにこだわり開発したのがヘンケルジャパン株式会社のシュワルツコフ プロフェッショナル事業本部(本社:東京都品川区、 事業本部長:金井博之)。
  
「髪が傷みそう」「暗くなる気がする」「色数が少ない」「ツヤが出ない」といった白髪染めのイメージを覆すオーガニックカラー“エッセンシティ”は、暖色から寒色まで選べる31色展開の白髪染めと、ファッションカラーを合わせると65色という豊富なカラーバリエーションで、オーガニックカラーならではの自然なツヤを実現するそう。
  
美容室ではヘナは使ってもらえないので、白髪染めは自宅でという方も、オーガニックカラー“エッセンシティ”のカラーリングを試してみるのもいいかも。新色のアイリスは透明感と柔らかさを演出する浅紫色。肌馴染みもよく、肌もワントーン明るく見せ、柔らかな雰囲気に仕上がるとか。もう一つの新色ローズは上品なツヤと女性らしさを引き立てる深紅色。ほのかな青みで肌をきれいに演出し、落ち着いた雰囲気だそうです。
  
  
essensity1
  
オーガニックカラー “エッセンシティ” 【医薬部外品】
・89%自然由来成分(平均値:1剤、 2剤混合時)で実現
・全65色。
・ノンシリコーン、 ノンパラフィン(鉱物油)、 ノンパラベン(防腐剤)、 無香料

カラー1剤 80g ( 65色)
オーガニック ローズマリー、 キンセンカ、 シアバター、 アプリコットオイル、 甘草配合
低アンモニア処方で刺激臭を低減

アクティベーティング ローション 2剤 1,000mL
ビーズワックス配合
髪への負担を軽減する2.5%、 5.5%の2剤
  
  
■ 着目したのは、「浸透」。 自然由来成分89%(平均値)の独自処方
石油由来の合成成分の代わりに、オリーブオイルなど天然の油脂に多く含まれているオレイン酸を利用した自然由来の浸透剤と、自然由来のグリセリンを配合。自然が持つ力を最大限に引き出したエッセンシティ独自の「ナチュラル高浸透技術」により、高い自然由来比率を保ちながらしっかり染まる、上質で艶やかなヘアカラーを実現。
  
essensity2
エッセンシティ ナチュラル高浸透技術
  
  
■ 厳選された毛髪保護・うるおい成分

essensity3

エッセンシティ配合成分左上から:
  
ローズマリー (保護)
地中海沿岸を原産地とする。 抗酸化・抗炎症作用があり、 古くから使われている。
  
キンセンカ (保護)
地中海沿岸を原産地とする花。 うるおいを与え、 しっとりとさせる効果を持つ。
  
シアバター (ツヤ・保護)
シア種子の胚から得られる植物性脂肪。 オレイン酸を豊富に含み、 毛髪を補修し、 ツヤとうるおいを与える。
  
アプリコットオイル (保湿)
あんずの種から抽出した天然オイル。 うるおい感のあるなめらかな仕上がりを実現。
  
甘草 (保護)
多年草のマメ科の植物である「甘草」の根は抗炎症作用がある。
  
ビーズワックス(ツヤ)
働きバチが巣を作る際に分泌するロウ。 巣を精製して取り出す。 ツヤとうるおいを与える。
  
  
■ エッセンシティ とは
環境大国ドイツで130年以上にわたり培われたシュワルツコフ独自の環境に配慮した最新テクノロジーから生まれた総合グリーンブランド。カラー、ケア、ウェーブ(パーマ剤)からなる。

essensity5
エッセンシティ ケア

エッセンシティケア
オーガニック認定成分、 フェアトレード成分をはじめとした自然由来成分使用のケアライン。美容室と自宅使用のラインナップがある。

エッセンシティ ウェーブ(パーマ)
アロエエキスをはじめとした自然由来成分を積極的に使用し、環境にも人にも優しい処方を採用したオーガニック ウェーブ(パーマ剤)。
  
■ シュワルツコフ プロフェッショナルとは
1903年に薬剤師のハンス・シュワルツコフが、 ドイツで初めてのパウダーシャンプーを発売して以来100年以上の歴史を持つヘア・コスメティックブランド。 ドイツのみならず世界120カ国以上の美容室で評価され、数多くのトップヘアスタイリストに愛用されている。

製品情報URL : http://online.schwarzkopf-professional.jp/product/ess/
  
  
  

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]