2月10日から7月まで6回: 地域コーディネーター育成と環境アグリマネージメントスキル取得のための『下里あったか塾』

世界はすでに地球温暖化の脅威からどう対処するかという環境共生主義=グリーンエコノミーの時代が潮流です。日本の地域は環境の宝庫です。それを活かすのは『人』と『志』。

今、地域を元気にしたいという人や志の動きが活発ですが、自分の想いをキチンと形にする為には、実現の為のスキルが必要であり、それが成功の大事なポイントです。

私たちは地域資源を環境資本としてアグリ視点からマクロとミクロから徹底分析して、持続可能な未来価値観を共有しマネタイズするスキルを持った人材が圧倒的に不足していると感じ、そのスキル取得塾を始めることにしました。

塾では、地域・生産現場である「地域の理」と都市・消費現場である「都市の理」の双方をつなぐためのスキルを実践的に学びます。当講座6回を終了した時には、「構想力」と「実行力」が身について、自分がやりたい事が明確になっているはずです。

《下里あったか塾》概要
■時:2018年2月10日~2018年7月14日までの6回
■所:小川町農村センター (埼玉県小川町下里459-1 )地図はこちら

■カリキュラム:
(1) 2018年2月10日(土)13:00~17:00
講座:都市農村交流ビジネスモデルの概論
(2) 2018年3月3日(土)10:00~17:00
講座:地域視察と農村資源の捉え方
(3) 2018年4月14日(土)13:00~17:00
講座:都市のニーズ
(4) 2018年5月19日(土)13:00~17:00
講座:ビジネスモデル設計
(5)2018年6月9日(土)13:00~17:00
講座:事業計画の立案・プレゼン方針
(6) 2018年7月14日(土)13:00~17:00

講座:参加者プレゼン大会
■講師:四方田清氏、小原壮太郎氏他
■対象者:地域を元気にしたい、スキルを取得したい、地域資源分析法を学びたい、志の同じくする仲間と出会いたい、起業してみたい人、自分を元気にしたい人など
■定員:15名
■会費:6回 18000円(一括)
■締切:2018年1月31日

■申込み:こちらの下部にある申込みファームから
主催・問合せ:NPO生活工房つばさ・游 担当・高橋
埼玉県比企郡小川町みどりが丘2-15-21

お問い合わせは:
MAIL:ogawamap@tubasa-u.com 携帯 090-4453-6355 Fax: 0493-73-0208
※当塾の経費の一部は、リフォームのLOHAS studioを運営する株式会社Okutaの1% for the Planetから支援されています。

《関連キーワード》
, ,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ