親子でMOTTAINAIフリマ山梨初開催

マータイさんの思いとSDGsを実体験。「親子でMOTTAINAIフリマ!」が11月24日に山梨県で初開催


※画像はイメージです

2004年に環境分野で初めてノーベル平和賞受賞したケニア出身のワンガリ・マータイさんを覚えていますか? マータイさんが見いだした日本語の「MOTTAINAI(もったいない)」は、私たちが生活の中で思わずつぶやいてしまう言葉。1124()、マータイさんが提唱した“MOTTAINAIキャンペーン”と連動したフリーマーケット「親子でMOTTAINAIフリマ!」が富士急ハイランドで開催されます。

MOTTAINAIキャンペーンは、Reduce(ゴミ削減)Reuse(再利用)Recycle(再資源化)という環境活動の 3RRespect(感謝、尊敬の念)を加え、それを一言で言い表す言葉、「MOTTAINAI」を世界の共通語にしていこうと活動しています。

<ワンガリ・マータイ>
ケニアの前環境副大臣。生物学博士。MOTTAINAIキャンペーン提唱者。2002年に国会議員に初当選し、2003年には環境副大臣に任命。 2004年、環境や人権に対する長年の貢献が評価され、環境分野で初めて、アフリカの女性としても初めて、ノーベル平和賞を受賞。2009年「旭日大綬章」を受章。国連平和大使に就任。2011年9月、ケニア ナイロビの病院で死去。71歳没。

 

MOTTAINAIフリーマーケットの様子 ※画像はイメージです

「親子でMOTTAINAIフリマ!」は、エコに特化した「MOTTAINAIフリーマーケット」と、環境意識の啓発や社会教育機会の提供を目的とした、地域の小学生が出展者となる「MOTTAINAI キッズフリーマーケット」をそれぞれ開催。

MOTTAINAI フリーマーケットの様子 ※画像はイメージです

いま、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)の達成」に向けた活動が世界中で行われています。「親子でMOTTAINAIフリマ!」は、『目標12:つくる責任、つかう責任』と『目標4:質の高い教育をみんなに』の達成推進に向けられているもの。山梨県では、初めての開催となります。会場は、富士急ハイランド(入園無料)で、出店数は県内最大規模のおよそ130店舗を目標としています。

SDGsの目標達成を通し、環境配慮と人やものを思う心などを、楽しみながら学ぶことができる機会になりそうです。

 

●ECOに特化したフリーマーケット「MOTTAINAI フリーマーケット」
社会貢献および地域とのコミュニティを深める、エコを意識したフリーマーケットです。家庭の不用品を持ち寄るアマチュアの方から、新品商品を扱うプロの方まで出店します。

日時:1124()10:0016:00
場所:富士急ハイランド園内 マッド・マウス前 広場
(雨天時:第一入園口横 ホールシアター)

●子ども達だけのフリーマーケット「MOTTAINAI キッズフリーマーケット」
後援:文部科学省・環境省・金融庁・富士吉田市教育委員会・富士河口湖町教育委員会

出店は小学校中高学年の児童限定、購入は小学生以下のお子さま限定のフリーマーケットです。販売、購入体験を通して物やお金を大切にする事を学び、コミュニケーションの重要性も体験する事ができます。入場は子供たちのみ、保護者は専用エリアで見守っていただきます。

日時:1124()13:0014:30
場所:富士急ハイランド園内 第一入園口広場
(雨天時:第一入園口横 ホールシアター)

 

富士急ハイランド 営業情報】
■営業時間: 9:00~17:00 ※日により異なります。詳細はHP等でご確認ください。
■休園日 : 期間中は無休
■アクセス: 車/新宿から中央自動車道で約80分、河口湖ICに隣接
バス/新宿から高速バスで約100分、富士急ハイランド下車
※首都圏の他、名古屋、関西等、30か所以上から直通バス運行中
電車/JR中央本線大月駅で富士急行線に乗換え、富士急ハイランド駅下車
■富士急ハイランドについてのお問合せ
山梨県富士吉田市新西原5-6-1
TEL0555-23-2111

【イベントのお問合せ】
NPO法人キッズフリマ
TEL:03-3384-0675
(受付時間:平日月曜~金曜日10:30-17:00)

 

《関連キーワード》
, ,

奥田 景子

執筆者:奥田 景子

ライター(エシカルファッション、フェアトレ-ドなど)。福岡県生まれ。文化服装学院スタイリスト科卒業後スタイリスト。以降雑誌を中心にしたスタイリスト。社会的なことに興味を持ち、大学院で環境マネジメントを学ぶ。理学修士を取得。2013年から福岡を拠点に移してライターとして活動中。

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ