【OLE2019】素材が見える自然のお菓子 Biokashi(ビオカシ)に「オーガニック・生おからクッキー」新登場!

アルファフードスタッフ株式会社(愛知県名古屋市 代表取締役 浅井 章博)は、素材が見える自然のお菓子 Biokashi(ビオカシ)から、オーツ麦、 ココア、ココアーモンドフレーバーの「オーガニック・生おからクッキー」シリーズを新発売しました。

同商品は、希少な国産の有機生おからを使用し、大豆本来の豊かな風味を活かしたクッキー。生おから以外の素材もすべて有機素材を使用し、各有機素材ならではの優しく、芳醇な味に仕上がっています。
 

製品名は画像上左より、オーガニック生おからクッキーオーツ麦、ココア、ココアーモンド。
7枚入りで、オープン価格(想定小売価格380円前後(税抜))。
 

原料から最終製品まで有機JAS認定

原料のおからは、国産有機豆腐にこだわる兵庫県尼崎市の「宮島庵」の「有機生おから」を使用しています。

宮島庵の有機生おから(上左)、有機豆腐の宮島庵(右)

じつは、一般に売られているおからクッキーのほとんどは、乾燥「おからパウダー」を使用しています。ですから、乾燥する工程で熱が加わり、大豆本来の「風味」が損なわれているのです。

でも本品では、できたての「生おから」を使用。そのため香ばしい大豆の風味がきわだつ商品になっています。なお、宮島庵は日本で初めて有機JAS認証を受けた有機豆腐製造小売店です。

製造を担っているのは、これも有機JAS認証を受けた岐阜市にある昭和 28 年創業の菓子メーカー長良園。看板商品「鵜飼せんべい」は、創業者が 1300 年以上の歴史を持つ清流長良川鵜飼の幽玄さに魅せられ、その文化をお菓子としてお客様にお届けしたいという想いから誕生したそう。

そんな想いを原点に、自然素材を生かしたお菓子作りという考え方に共感し、客様の心が満たされるお菓子づくりを合言葉にして、有機 JAS 認証取得の取り組みがスタート。

こうして 2019 年3 月、有機 JAS 認証を取得し、オーガニック菓子第一弾、「オーガニック生おからクッキー」が誕生しました。
 

 

素材が見えるBiokashi(ビオカシ)とは

フランス語でオーガニックや生命を意味する「Bio(ビオ)」とkashi(菓子)」を合わせて名付けられた、有機素材の美味しさを、ぎゅっと詰め込んだオーガニックのお菓子シリーズです。

素材は世界中から、有機農場で心を込めて作られたオーガニックのものを厳選し、不必要な添加物はできるかぎり使わないことをモットーに、人にも環境にもやさしいお菓子の「素材本来のおいしさや風味に、すなおに感動してもらいたい」―そんな想いでつくられています。

なお、Biokashi(ビオカシ)は、今年8月2日・3日に新宿NSビルで開催されるオーガニックライフスタイルEXPOに出展します【ブースNo. A45】。

会場で、「オーガニック生おからクッキー」のおいしさをお試しください。1000円の入場券が無料になる事前来場登録はこちらから。
 
 
Biokashi(ビオカシ)
企業情報
 
 

《関連キーワード》
,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ