東京・府中市で都市農業を応援するミニコミ誌「府中はたけ日和」が「地産地消」応援団を募集

府中の農家と市民をつなぐミニコミ誌「府中はたけ日和」は、農家と地場野菜を扱う飲食店・小売店を紹介することで、地場野菜の認知度と売上げを向上させ、地域の農地の存続につなげることを目指して2016年に創刊されました。

新型コロナウイルスの影響から市内の飲食店に協賛金を求めることが難しくなり、1号あたり30万円前後が必要な従来のペースで発行することが厳しい状況になっています。そこで、特別返礼を設定したキャンペーンを実施して応援団を広く募ることになりました。

2020/9/30まで実施する募集ページはこちら

東京・府中の農業事情

2014年には150ヘクタール以上あった府中市の農地は、相続などをきっかけに 毎年数ヘクタールずつ宅地などに転換されてきています。「府中はたけ日和」では、

▸ 府中野菜が買える場所をご紹介することで、買って食べる人を増やしたい 
▸ 府中野菜を使用している飲食店を紹介することにより、そこで食事をする人を増やしたい

という思いで、地場のものを選ぶファン・応援団を増やし、後継者の意欲をかきたて、農地減少を食い止めたいと考えています。

 

 

これまでの取材を通して、地元農家の多くが市内の共同直売所・スーパーへの出荷や庭先販売を中心としているものの、消費が追いついていないため、生産余力を残していたり、出荷を手控えて処分したりしていることが分かってきました。

また、この数年は、市内各スーパー で地場野菜のコーナーが年々充実してきていて、活動の手応えも感じているそう。

そこで、農産物を使用してくれる地場の飲食店を紹介する記事や企画にも力を入れ、10号や12号ではお店を巡るラリーを開催。各号に掲載したマップでもテーマを決めて、合わせて100店以上の飲食店・小売店を紹介してきました。府中産農産物をもっと取り入れるようにしたい、というお店も増えてきているとか。

「府中はたけ日和」は、地産地消や、地域の食の循環の大切さを多くの市民と共有し、地域経済の活性化にもつなげることを企図し、日々発信しています。

 

 

●「府中はたけ日和」

2016年5月創刊・年3回発行・無償配布
最新号:2020夏秋 第13号(8月25日発行)
発行部数:約1.7万部(2020年夏秋号は自治体回覧が休止中のため1.1万部に減)
配布場所:府中市市民活動センタープラッツほか市内公共施設、協力小売り店・飲食店
HP:https://fuchufarmfans.jimdofree.com/ (バックナンバーPDF掲載)
FB:https://www.facebook.com/FuchuFarmFans/ (最新情報)
発行者:トランジションタウン府中 府中農業応援隊
発行責任者:荒川 紀子(編集長)
電話:090-9290-1454、E-mail:comfuchunoen@gmail.com

 

●「トランジション・タウン」

経済やエネルギー、食品などについて地域の資源を活かし循環をつくり、地域の持続 可能性とレジリエンス(災害などからの回復力)を上げていこう、とイギリス・トッ トネスで発祥した市民運動です。世界50ヶ国以上、日本国内でも60ヶ所以上のグルー プが活動しています。東京都・府中市では2012年に任意団体「トランジションタウン 府中」を設立し、地域に根付いた活動を行なっています。

 

《関連キーワード》
,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ