国産有機加工食品の新ブランド「Local Organic Japan」賛同生産者・加工メーカー募集

株式会社金沢大地(本社:石川県金沢市、代表取締役:井村辰二郎、以下「金沢大地」)から、国産の有機農産物を主原料とする新しい食品ブランド「Local Organic Japan」(ローカル・オーガニック・ジャパン)が誕生。

金沢大地とは

金沢大地は、「千年産業を目指して」を経営理念とし、石川県で環境保全型農業を営むオーガニックファームです。2002年の創業以来、自社農場の石川県産有機農産物を主原料とする国産オーガニック食品の企画開発や「農業の6次産業化」に積極的に取り組んできました。

金沢大地は、グループ全体として石川県ならではの里山・里海の恵み、豊かな食文化など、地域資源の魅力を発信しています。今回、これまでの取り組みの経験をいかして、

*「日本国内に有機農業者の仲間を増やしたい」
*「日本各地の有機農業者とともに、日本のオーガニック市場を拡げたい」
*「国産オーガニック食品をもっと手軽に買えるようにしたい」

との思いから、新ブランド「Local Organic Japan」(ローカル・オーガニック・ジャパン)を立ち上げました。そして、日本の有機農業者の応援にもつながるローカル&オーガニックな商品群を開発し、全国に届けすることにしたそう。

Local Organic Japan(ローカル・オーガニック・ジャパン) 

ブランド・メッセージ
日本国産の有機農産物を原料につくられた金沢大地の新しいブランドです。わたしたちは日本の有機農家や地域農業を応援しています。

ロゴ・デザイン
日本の里山の農村風景をイメージしたマーク。日本国産原料のオーガニック食品ブランドであることを印象づけるため、川や空の青、田園や里山をイメージする緑と茶、太陽をイメージする赤を使用。

ブランドのコンセプトおよび役割
– 国産の有機農産物を主原料とする有機JAS食品ブランドを提供する。
– 日本における有機農業・地域農業の持続可能な振興を図る。
– 生活者に安心でおいしい国産オーガニック食品を提供する。

期待される効果
– 生産者:新たな市場や安定した販売経路の確保。有機農業への参入。有機農業・6次産業化などに関する情報共有。
– 加工メーカー:有機JAS認証の強み。国内の生産者との新規取組み。オーガニック食品市場の拡大によるコスト削減。海外市場開拓。
– 生活者:安心でおいしい食生活。有機農業の推進応援。SDGsへの貢献。食料自給率向上への寄与。

SDGs(持続可能な開発目標)への貢献 

金沢大地が加入している日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会(通称JONA:ジョナ)では、SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標のうち、「オーガニック」で達成可能な目標として、下記6項目を挙げています。

2.「飢餓をゼロに」
3.「すべての人に健康と福祉を」
6.「安全な水とトイレを世界中に」
12.「つくる責任つかう責任」
13.「気候変動に具体的な対策を」
15.「陸の豊かさも守ろう」

「Local Organic Japan」では、今後の取り組みを通じて、上記6項目のほか、8.「働きがいも経済成長も」を加えた7項目の達成を目指しています。

「Local Organic Japan」第一弾 商品 概要 

今春より「Local Organic Japan」の商品展開をスタート。第一弾は、有機JAS認定の「国産オーガニック味噌」、「国産オーガニック醤油」となりました。

商品名:国産オーガニック醤油
原材料:有機大豆(国産)、有機小麦(国産)、食塩
内容量:150 ml

商品特徴:
・国産有機大豆、国産有機小麦100%使用
・本醸造醤油、無添加
・華やかな香りと長期熟成による深い旨み
・刺身、かけ醤油、料理の仕上げに
・手軽に使いやすく、持ち運びしやすい小ボトル
 
商品名:国産オーガニック米糀味噌
原材料:有機米(国産)、有機大豆(国産・遺伝子組み換えでない)、食塩
内容量:300 g

商品特徴:
・国産有機米、国産有機大豆100%使用
・天然醸造、無添加
・加賀味噌の伝統を受け継ぎ、長期間じっくりと熟成させた辛口味噌
・使いきりやすい小パック

 

企業情報
金沢大地

 

《関連キーワード》
,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ