【OLE2019】天然素材を使用した心地よい肌触りが魅力。オーガニックコットン100%ナプキン「CHĒRICOT」が8月末日発売予定

女性にとってデリケートゾーンの悩みは相談しづらく、そのまま症状を悪化させてしまうことも。化学物質の経皮吸収も心配です。刺激が少ない布ナプキンも良いけれど、仕事が忙しい時や旅行の時には、やはり紙ナプキンが便利。

オーガニックライフスタイルEXPO2019で、第一衛材株式会社から8月末日発売予定のオーガニックコットンナプキン「CHĒRICOT(シェリコット)」がお披露目されました。

左からベーシックナプキン、カジュアルナプキン、BOXタイプナプキン、パンティライナーの4タイプ

BOXタイプなら、ギフトやそのままウォッシュルームに置いてもインテリアとしてなじみます。

プチギフトに。キュートなベーシックナプキン BOXタイプ

ベーシックナプキンは、肌に直接触れるセンターシートの部分が、すべてオーガニックコットン100%です。さらに世界で初めて、サイドガードもコットン100%を採用しました。通気性も良いので、デリケートゾーンの悩みが解決しそうです。

シェリコット サニタリーパッド【羽つき】多い日の昼用 |23.5cm|12個入り

原材料には、アメリカ産のオーガニックコットンが採用されています。自然栽培されたオーガニックコットンは、人にも環境にも安全性が高いといわれています。

左)パルプのチップ、中)板状にしたパルプ、右)何度も解繊して綿状に

さらに大きな特長は、CHĒRICOT をつくる第一衛材が1965年創業の吸収体の総合メーカーだというところ。高い技術力で、化学物質の高分子吸収材も不使用に。体から熱を奪うと言われている高分子吸収材を使用せず、天然素材の材料から出来た綿状のパルプが採用されているので、冷えが気になる人にも安心です。

吸収体に使われているパルプがフワフワに加工されています

デリケートゾーンがかぶれにくく、特に肌が弱い敏感肌に最適です。お子さまへのファーストナプキンにも選びたいアイテムです。

刺激が少ないコットン素材

多い日の昼用~特に多い日の夜用までの全4種類、センターシートオーガニックコットン100%、さらにサイドガードもコットン100%のベーシックナプキンに加え、肌触りを試したい人のためにセンターシートのみオーガニックコットン100%、全6種類のカジュアルナプキンの品揃えがあります。加えて、全面オーガニックコットンのパンティライナーも用意されています。

自分自身と環境保護、生産者さんのためにも、ぜひ選びたい次世代ナプキンです。

 

CHĒRICOT (第一衛材株式会社)

企業情報

《関連キーワード》
,

奥田 景子

執筆者:奥田 景子

ライター(エシカルファッション、フェアトレ-ドなど)。福岡県生まれ。文化服装学院スタイリスト科卒業後スタイリスト。以降雑誌を中心にしたスタイリスト。社会的なことに興味を持ち、大学院で環境マネジメントを学ぶ。理学修士を取得。2013年から福岡を拠点に移してライターとして活動中。

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ