ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ

OLE2018出展社

【OLE2018】原材料から樽まで、すべてが追求されたオーガニック。 シカゴ発のオーガニックスピリッツ「KOVAL」

オーガニックライフスタイルEXPO 2018では、ワインやビールなどアルコール類も人気。今年は初めて、シカゴでこだわり抜いてつくられている「KOVAL(コーヴァル)蒸留所」からクラフトウイスキーとドライ・ジンが出品されました。

 

KOVALは、2008年にソナト・バーネッカー、オーストリア出身のロバート・バーネッカー夫妻によってシカゴで創立されました。2012年の「最も影響力があったクラフトウイスキーメーカー10社」にも選出され、ウイスキーやジンは毎年のように最優秀賞を受賞しています。

ロバートさんは米国オーストリア大使館の副報道官、ソナトさんはモデルや大学教授の地位を手放してKOVALを創業

 

そして、アジア地域のブランドマネージャーを務めるのは、日本人の小嶋冬子さんです。学生時代にイギリスのスコットランドで生活していた小嶋さんは、日本で女性もウイスキーを楽しむ文化が広がってほしいと思っているといいます。

それぞれのウイスキーの説明をする小嶋冬子さん

 

蒸留技術から製造工程まで、オーガニックを存分に生かす

KOVALの原材料は、すべて厳選された契約農家の有機栽培によるオーガニックのみ。製造工程で糖化に使われる酵素、酵母、樽までUSDAオーガニック認証を受けています。

ハイブリッド・スチル蒸留器

そして、フレーバーをより豊かにするという、ハイブリッド・スチルで蒸留されています。ハイブリッド・スチルは、伝統的な蒸留方法にiPodなどの電子機器を連動させ制御するというユニークなもの。世界でも類をみない、この蒸留器を操作管理できるのは、創業者のロバートさん以外、わずか3人だけだとか。

ボトリングでは、一貫して熟成した一樽(シングルバレル)のみ。一切のブレンドをおこなわずにボトリングしているそう。素材の良さが存分に生かされたKOVAL。常に安定した深い味わいを持つ秘密は、職人さんが一つひとつを手作業で、丁寧に行っているところにもあります。

さらに、最も安全なユダヤ教の“コーシャ食品”の規定もクリアしています。今までにないウイスキーは、「究極のオーガニックウイスキー」と呼べるものです。

コーヴァル ウイスキー ライ:7,128円(税込)、ミレット:7,128円(税込)、
バーボン:7,366円(税込)、フォーグレーン:7,128円(税込)

ジンのギフトパックも人気。ドライ・ジン&バレルド・ジン 200ml×2:4,752円(税込)

 

ドライ・ジンや樽熟成されたバレルド・ジンは香り高く、ラベルも綺麗で素敵です。他にも、ジンジャーやローズヒップなどハーブのリキュールもあって、カクテルのバリエーションが楽しめそう。ほのかな癒しを感じるアロマが心地よく、ライフスタイルの中でゆったりとした時間をもたらしてくれる、そんなオーガニックなスピリッツのラインナップです。

KOVAL  : Instagram   Facebook 

KOVAL 蒸留所

企業情報(スコッチモルト販売株式会社)

《関連キーワード》

/ /
奥田 景子

執筆者:奥田 景子

ライター(エシカルファッション、フェアトレ-ドなど)。福岡県生まれ。文化服装学院スタイリスト科卒業後スタイリスト。以降雑誌を中心にしたスタイリスト。社会的なことに興味を持ち、大学院で環境マネジメントを学ぶ。理学修士を取得。2013年から福岡を拠点に移してライターとして活動中。

関連記事

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]