ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ

イベント

オーガニックとは何か。福岡で日本オーガニックレストラン協会のイベント「 JORA “anniversary4.5”~オーガニックへのみちしるべ~」開催

2014年に設立されたJORA(日本オーガニックレストラン協会)。フードプロデューサーのKIYO(南 清貴)さんによって立ち上げられました。JORAでは、「家庭の料理」こそ、食の原点と考えられています。

毎日の家庭の料理から「からだが必要とする栄養素を過不足なく効率的に、おいしく摂る」ことをシステム化し広めることがJORAのおもな活動です。5周年を迎えるJORAの活動に加えて種子法の問題や流通、生産者さん、作り手にいたるまで、オーガニックな食を網羅したようなイベントが、4月29日、30日の二日間福岡で開催されることになりました。

 

JORA代表理事の南 清貴(みなみ きよたか)氏

オーガニックの先駆者KIYOさんの特別セミナーは、なんと参加費は無料。24年にも及ぶKIYOさんのオーガニックの歴史が聴けそうです。弁護士で元農林水産大臣の山田 正彦さんの「TPP・遺伝子組み換え・種子法の真実」は、筆者も以前拝聴したことがあるセミナー。深刻な状況ながらも解決策を考え、共有していくことで心が前向きになりました。

難しいことを柔らかく語りかけ導いてもらえたようにも感じます

そしてオーガニックのスイーツといえば、shodai bio natureを展開する小代 智紀さんが登壇。美しいスイーツ誕生の秘密が聞けそうな「やりたいことだけ、やってます」というタイトルにワクワクします。

夢見るようなスイーツは会場内のマルシェでも販売されます

消費者と生産者をつなぐのは、スーパーマーケットや宅配。福岡では老舗で24時間営業のスーパーマーケット「マキイ」の牧井 忠さんと「産直や蔵肆」の蔵久 格さんが登壇されます。

市内でも緑に囲まれた場所にあるスーパーマーケット「マキイ」

さらに町中がオーガニックという宮崎県・綾町の郷田 美紀子さんの登壇と、早川 ゆりさん香月 克公さんによるパネルディスカッションと充実しています。

宮崎県・綾町はオーガニックな地域

その他、会場には小さなマルシェもあって直接ショッピングが可能。番外編のスペシャルイベントでは、別会場でレストランオーナーシェフと九州の生産者さんのコラボも開催されます。

JORAの理念の一つは「食のプラットホームを作る」というもの。そのためには、食生活のシステムや食料生産のシステムも回していかなければならない、とKIYOさんは語っています。オーガニックを知って、オーガニックの実践者になるため行動してみては。

★★★Anniversary4.5~オーガニックへの道しるべ~★★★

■日時2019年4月29日(月祝)・30日(火祝) 10:30 ~17:00、10:00~17:00

■会場【イムズホール】イムズ Inter Media Station IMS 9F
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目7−11

お申込みサイト

■イベントに関するお問い合わせ先/日本オーガニックレストラン協会
TEL 050-1552-1390

KIYO(南 清貴)
一般社団法人日本オーガニックレストラン協会(略称JORA)代表理事。EPIC LLC./ Atelier KIYO 代表。フードプロデューサー。95〜2005年までレストラン「キヨズキッチン」を経営。最新の栄養学を料理の中心に据え、自然食やマクロビオティックとは一線を画した創作料理を考案・提供。現在JORAにおいて、「家庭料理のシステム化」を普及するため、全国でセミナー・講座を開催中。『「食」は最も重要な自分への投資だ』という考えのもと、最適(オプティマル)な食事のあり方を啓蒙している。著書多数。「行ってはいけない外食(三笠書房・知的生きかた文庫)」は10万部を突破。

 
 

《関連キーワード》

/
奥田 景子

執筆者:奥田 景子

ライター(エシカルファッション、フェアトレ-ドなど)。福岡県生まれ。文化服装学院スタイリスト科卒業後スタイリスト。以降雑誌を中心にしたスタイリスト。社会的なことに興味を持ち、大学院で環境マネジメントを学ぶ。理学修士を取得。2013年から福岡を拠点に移してライターとして活動中。

関連記事

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]