ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ

フード

ご褒美チョコにピッタリ!すべてがオーガニック&サステイナブルで“あなた想い”のチョコレート『モンセラート』が、バレンタイン期間にのみ限定販売!

オーガニック食品や健康補助食品を扱う薬糧開発株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:河野 孝明)が運営するベルギーのオーガニックチョコレートブランド『モンセラート』は、バレンタインに向けた期間限定商品を、西武池袋本店(1月19日〜)、西武所沢店(1月26日〜)、そごう横浜店(1月30日〜)、そごう千葉店(1月30日〜) 各店のバレンタイン催事場にて販売。

2019年に『モンセラート』商品が購入できるのは、上記でのみ、2月14日迄の販売となるそう。
 

 
松屋銀座が昨年12月に行ったバレンタインチョコについてのアンケート調査によると、「誰のために購入するか」については「本命チョコ」が36%、「会社関係へ義理チョコ」が35%だったのに対し、「自分へのご褒美チョコ」は62%と最も多かったとか。“あなた想い”のチョコレート『モンセラート』は、ご褒美チョコにピッタリです。

モンセラートは全材料でベルギーのEUオーガニック認証を取得し、さらにカカオ生産者や環境・動物にも優しいUTZ(2018年1月にレインフォレスト・アライアンスと合併)に加入。ショコラティエ Willy Desmet(ウィリー・デスメット)さんの息子を想う愛と挑戦が生んだ革新的な素材選びで、一粒ひとつぶに大切なあなたへの想いを込めたチョコレートなのですから。
 

素材への挑戦により、すべてオーガニック、すべてサステイナブル

モンセラートはベルギーチョコレートの伝統を大切にし、家族への愛から生まれ、素材選びに挑戦し続けているチョコレートブランド。ショコラティエ自身の息子のアレルギーをきっかけに食品添加物の危険性を体験した事により、すべてのチョコレートに着色料・保存料など添加物は一切使いません。

常に大切な誰かへの想いに応えたいという信念は創業当時から変わらず、おいしいはもちろんの事、どなたでも楽しんでもらえるチョコレート作りに挑戦し続けています。

また、オーガニックやフェアトレード等、人にも環境にも優しい素材で作ることも大切にし、たくさんの“あなた想い”が詰まったチョコレートとして、地元ベルギーのみならず、ヨーロッパでも愛されているチョコレートです。

新粒9粒に使用されている低GI食品のココナッツシュガー

 
【伝統と革新をテーマにしたコフレシリーズ】

●ベーシック コフレ
(2粒/¥670・4粒/¥1,350・6粒/¥1,890・8粒/¥2,430・12粒/¥3,510(税込))

ベルギーの伝統レシピをオーガニック素材で体現した、モンセラートを代表する粒の詰め合わせ。自家焙煎ヘーゼルナッツを使用したプラリネを中心に、4粒入りから低GI食品のココナッツシュガー×ラクトースフリーの新粒も楽しめるバラエティシリーズ。 (※ラクトースフリー…乳糖不使用)

 

●コフレ スぺシアル
(2粒/¥670(有機JAS取得)・6粒/¥1,890(税込))

ココロもカラダもきれいになるチョコレートコフレ。低GI食品のココナッツシュガーチョコレートを中心に、新粒のみを詰め合わせ。“素材への挑戦”に挑んだモンセラートでしか味わえないマリアージュが楽しめるスペシアルシリーズです。

 

【雑貨のようにココロが喜ぶパッケージデザイン】
まるでアポセカリーに並んでいるかのような優しさと、かわいさを詰めたデザイン。チョコレートに使用している、カカオ・ヘーゼルナッツ・アプリコットやスーパーフードのキヌア等のイメージを散りばめた遊び心と、クラフト感のある心地よい手触りのパッケージ。蓋には、森林認証用紙を使用し環境にも優しく仕上げられています。
 
 
【出店情報】
西武池袋本店:2019年1月19日~
西武所沢店 :2019年1月26日~
そごう横浜店:2019年1月30日~
そごう千葉店:2019年1月30日~
(全店バレンタイン催事場にて、2月14日迄の販売となります。)
 
 
【ショコラティエの紹介】
ウィリー デスメット(Willy Desmet)氏

1960年ベルギーフランダース地方に生まれる。1910年から続く祖父のベーカリー事業に影響を受け、1986年ベルギーのアンゼゲムに「MONTSERRAT」開業。当初は伝統的なチョコレートを作っていたが、子供のアレルギーをきっかけにオーガニックやシュガーフリー等、素材への新たな挑戦に挑み続けている。

 

 
薬糧開発
企業情報
ショコラ販売
 

《関連キーワード》

/

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]