ビジネスのかたはこちら
  • 日本語biz版へ
  • 英語版へ

フード

惣菜デリカ・弁当・中食・外食業界でも存在感を増してきたオーガニック

4月17日~19日まで東京ビッグサイトの西ホールで開催された《ファベックス/オーガニックフードEXPO》は、550社を超える出展者と78,000人の来場者が結集した業務用展示会です。

オーガニックレストランJASがスタートした今年は、昨年にも増してバラエティ豊かな有機食材や商品が紹介され、来場バイヤーのオーガニック製品への関心の高まりを感じる展示会でもありました。展示された商品のなかから、まずは、《ファベックス》ゾーンで見つけた商品をご紹介しましょう。
 

朝食は健康的なオーガニック納豆でスタート!

日本では最も早い時期からオーガニック納豆に取り組んだというあづま食品(栃木県)。1995年には日本の納豆メーカーとしては初めて有機農産物の国際認証を取得。2001年の有機JAS発足時以来、有機納豆として販売してきましたが、「オーガニック」をさらに広くアピールするために《有機そだち》シリーズのパッケージをリニューアルしました。

オーガニック納豆の《有機そだち》シリーズは、極小粒納豆3パック、ひきわり納豆3パック、極小粒納豆3カップ、極小粒納豆2カップの4種のパッケージで、全国のスーパーマーケットや専門店で販売されています。

健康と美容効果が高く、購入しやすい価格の納豆は、朝食はもちろん丼やサラダ、サンドイッチなど、様々なお料理に活用できます。あづま食品のサイトでもいろんなレシピが紹介されていますよ。

あづま食品公式サイトはこちら
なお、当記事トップのキャッチ画像は、あづま食品のファベックスブースで展示されたボードの画像を使用させていただきました。

 

青森県産有機JASリンゴを使用した「のむお酢」

1927年創業の醸造酢メーカー「センナリ」(広島県)は、天然地下水と米100%の完全米酢をベースに様々な酢ならびに酢の加工商品を製造。もちろん、オーガニック製品の場合は有機JAS米を使用しています。

会場で目についたのが、5月中旬発売予定の《有機のむ酢》シリーズのこの3本。国産の有機JASリンゴを使っているのはうちだけだよ!と社長の大地勝史さん自慢の林檎酢にご注目。

これから夏に向かい、ストレートで飲むお酢は堪えられない爽やかさで、夏バテ対策としてもピッタリ。センナリの有機トマトケチャップや各種ドレッシングもおススメです。

センナリの製品も全国の自然食品店で販売されていますが、こちらからも購入できます。

 

バラエティ広がる《カントリーハーヴェスト》ブランド

食塩と水以外はすべてオーガニックという高橋ソース(埼玉県)の有機食品。高橋ソースもオーガニックの取り組みは早く、1970年代、無添加の「純正ソース」で始まりました。

ソースの原料となる農作物の育つ豊かな農耕地(カントリーサイド)とその収穫物(ハーヴェスト)に由来するブランド名《カントリーハ―ヴェスト》シリーズから、現在、ドレッシング2種、ケチャップ3種とトマトピューレ、ソース3種などが販売されています。

とりわけ、無塩のフルーティケチャップは料理の素材としておススメだとか。新製品のオーガニックカレーケチャップもこれから発売されるそうです。

高橋ソースの製品はこちらから購入できます。
 
 
 

《関連キーワード》

関連記事

有機野菜・食材をお届けしています クレヨンハウスの[お野菜会員]