ヨーロッパの有機食用油のパイオニア《ビオプラネット》のオーガニックごま油がおもちゃ箱から新発売

株式会社おもちゃ箱(代表取締役社長:齊藤暁彦)は、昨年10月のオーガニック オリーブオイルに続いて、2019年1月23日(水)、フランスのオーガニックオイルメーカー【BIO PLANETE ビオプラネット社】のオーガニック 一番搾りごま油の新商品2アイテムを発売します。

オイルブームの中、ごま油は身近なスーパーフードとしてその栄養価が注目され、世界中で需要が拡大しているとか。食品産業新聞によると、日本の2017年の家庭用ごま油市場は、前年比10%増の218億円に拡大し、初めて200億円を突破。1位の「オリーブオイル」、2位の「キャノーラ油」に続き、「ごま油」は3位を占め、その存在感が高まっているそう。ただし、オーガニックのごま油は、国産では入手が難しいのが現状です。

ここでご紹介するオーガニック食用油のエキスパート【ビオプラネット社】のごま油には、アフリカ産のオーガニック& フェアトレードのごまが使われています。搾油段階では加熱処理を一切せず、低温圧搾、一番搾りで仕上げています。

 

オーガニック 一番搾り焙煎ごま油

有機ごまを完熟前に収穫し、直角に干して熟成させ、栄養成分を引き出しています。じっくり丁寧に焙煎していますので、驚くほど香り高く、炒め物や料理の仕上げに活躍します。
いつもの料理をワンランクアップさせる美味しさです。

原材料:有機ごま油
内容量:250ml
販売価格:1,500円+税

 

オーガニック 一番搾り太白ごま油

焙煎せず生のまま低温圧搾しています。クセがなく、さらりとした生のごま油は素材の味を引き立てます。
天然の抗酸化成分セサモリンを豊富に含み、料理はもちろん、お菓子等作りにも活躍します。

原材料:有機ごま油
内容量:250ml
販売価格:1,300円+税

 

 

 

ビオプラネット社について

ビオプラネット社は、設立者フランズ・J・モーグ氏の夢であったオーガニック農業の実現のための農場経営をきっかけに、1984年ヨーロッパ初のオーガニックオイル製造工場として設立されました。

現在ヨーロッパ、アジアを中心に取扱いは30か国、 商品ラインナップは70種類以上にも及びます。

ビオプラネット製品特徴

オーガニック栽培された原材料の本来の味わいや栄養成分を壊さないために、40℃以下の低温圧搾法で、丁寧にゆっくりと1度のみ圧搾します。溶剤による精製や脱臭など、化学的な処理は一切行いません。

 

当サイトでは、2016年5月のビオプラネット社のメガ系オーガニックオイル日本投入時の記者発表記事を掲載しています。同社の詳細について参考にご覧ください。
サラサラ感が違う! ヨーロッパ最高レベルBIO PLANETE社のオメガ系オーガニックオイル

オーガニック オリーブオイルについてはこちら

おもちゃ箱
企業情報

《関連キーワード》
,

人気のWebコンテンツはこちらです

PC表示SP表示

お問い合わせ